2017.9.29(金)
長寿企業の知恵は万代の宝
雑誌「一燈照隅」vol.2 発行

「智慧の燈火プロジェクト」が企画・編集する雑誌『一燈照隅』のvol.2を発行いたしました。 今回は、7/18(火)に広島県広島市で行われた、第1回地方創生経営者フォーラム・広島「伝燈と志命」の模様を総力取材! そのほかにも、創業100年以上の長寿企業の知恵を独自取材を通して、誌面にまとめました。 〈特集〉 ・伝統の伝道師たち 東京フィルハーモニー交響楽団 ・長寿企業の襷 世界で一つのプレゼント 北嶋屋 ・匠「東京手染友禅」 赤坂福田屋 ・長寿企業の轍 彫銀 斎藤彫刻 ・語り継ぐべき日本の逸品「刀剣」 飯田高遠堂 [...]

2018-03-20T19:48:32+00:00 2017/09/29|ニュース|

燈火コラムvol.2―――出会いのメディア 番組「Story~長寿企業の知恵~」

前回のコラムでは「智慧の燈火プロジェクト」との出会いと想い、そして目標とする天武天皇、30カ年ビジョン「チエノワを世界標準語へ」について触れました。 本年(2017年)よりスタートした本プロジェクトを通して300社とお会いし、60社の〝ものがたり創造〟を進めてきましたが、今回は本プロジェクトで企画・運営する「4つのメディア※」のうち、番組「Story~長寿企業の知恵~」についてご紹介します。 (※4つのメディアとは①番組、②フォーラム、③雑誌、④ウェブ) ■メディア(番組)の持つ価値とは チエノワはテレビ番組、主にビジネス経済番組の制作・運営が主事業であり、本プロジェクトの発起となる長寿企業との出会いも番組を通してでした。 従来のテレビ番組は、番組スポンサーにとってより良い価値(視聴率)を提供することが最大の目的であり、そのために、いかに視聴者を惹きつけるか、という点に重きを置いたコンテンツでした。 しかし、『それがメディアとして本来の役割なのか、何のため、誰のためのコンテンツなのかをより明確にし、そこからブレずに取り組み続けることこそが大切である』と私は感じました。 私たちが運営する「Story〜長寿企業の知恵〜」ではスポンサーや視聴者のためではなく、まず第一に〝長寿企業にとってより良い価値を提供すること〟を目的に制作しています。 そして、これまで明かされることのなかった、長寿企業の歴史(創業者や先代の想い、決断や苦悩等)を通していかに今を生き、未来を見据えているのかという〝唯一無二のものがたり〟を遺すことに、全力を注いでいます。 ■長寿企業のみなさまとともに [...]

2017.9.1(火)
四半期に1度のものがたり創造 キックオフに伴う休業のお知らせ

弊社では、四半期に一度(クールごと)、キックオフと称して全社員にて ・社外、社内の大掃除。 ・全員でのランチ会(うな丼) ・それぞれのメンバーからの発表(前クールの振返り&本クールへの意気込み) ・それぞれの部長、マネージャーーからの発表 ・代表からの発表(経営理念とビジョン、そして目標) ・物語る会 を基に、会社全体の方向性に関する、”共通言語・共通認識・共通体験”を実施します。 そのため、誠に勝手ながら、2017/9/1(金)は休暇とさせていただきます。 大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 [...]

2018-01-31T11:21:48+00:00 2017/09/01|ニュース|