1850年創業 日本橋弁松総本店

あんまり老舗をリスペクトすると暖簾に胡坐をかくどころか、 寝そべってしまう恐れがあります。 みなさんにはぜひ老舗をディスる企画もお願いしたいです。 無知な女子高生か何かと対談して「古くせー」とか「不味い」とか 「調子に乗ってんな」とか直球なご意見が我々には必要な気がします。 ものがたりページへ [...]

燈火コラムvol.3―――地域の知恵を未来へつなぐメディア フォーラム「地方創生経営者フォーラム~伝燈と志命~」

今回は本プロジェクトで企画・運営する「4つのメディア※」のうち、フィーラム「地方創生経営者フォーラム~伝燈と志命~」についてご紹介します。 (※4つのメディアとは①番組、②フォーラム、③雑誌、④ウェブ) ■よそ者ではなく、自分事に  番組を通して、それぞれの長寿企業が持つ〝唯一無二のものがたり〟には、信用や知恵があり、それを伝えていく使命を感じていましたが、番組を全国的に展開するには従来メディアのように大型スポンサーをつけ、そのスポンサーのために取り組まねばなりません。 またスポンサー意向により、本来の目的が損なわれる可能性も多分にあります。そこで、地域にある長寿企業の〝ものがたり〟を発掘し、その中に秘める知恵を遺し、伝えていく上で、番組のように1社ずつフォーカスするのではなく、地域の長寿企業同士のパネルディスカッションを通し、参加される次の時代・世代を築く経営者の皆様に届けることにしました。 私自身も石川県金沢市出身であり、田舎者だからこそ理解できることですが、地域で東京から持ち込まれたイベントが開催されても、〝よそ者〟という認識を拭い去ることができません。 よそ者から身内(仲間内)へと変わるためには、地域の方々に参画して頂き、主体として継続的に開催していく中で〝自分事〟となり、根付いていくことが必要不可欠です。 実際に本年7月には第1回として広島で開催致しましたが、広島銀行の皆様のお力添え無くしての実現は難しかったと実感しています。 これまで、明らかにされることのなかった長寿企業の知恵を、地域の皆様と〝共に〟発掘し、その知恵が地域の価値向上へと繋がる〝土台〟を築き、地域活性化・地方創生に貢献していく。 このフォーラムの使命に共感頂き、更に一歩踏み出し(長寿企業のご紹介や後援企業のご縁を頂く等)、フォーラム推進における同志、仲間を得られたことが何より心強かったです。 [...]