About admin@chieno-wa.com

この作成者は詳細を入力していません
So far admin@chieno-wa.com has created 19 blog entries.

燈火コラムvol.5―――永遠に更新されるメディア ウェブ「燈火サイト」

2017/10/27|燈火コラム|

よく皆様に本プロジェクト①番組、②フォーラム、③雑誌での活動を集約する目的で「燈火サイト」を構築している、と認識頂きますが、これは異なります。 『私たちの活動を遺したい』という思いも勿論ありますが、本メディアである「燈火サイト」ではプロジェクト全体を通してご縁を頂いた長寿企業それぞれの〝ものがたりページ〟、つまり、歴史から今、そして未来にむけた沿革(ものがたり)を遺し続けるサイトとして、1社1社のために構築しています。 ■長寿企業の百科事典 番組や雑誌で取材した内容をまとめるだけではなく、そのときに遺した写真もギャラリーとして今後は各社の〝ものがたりページ〟に更新していきます。 従来メディアであるテレビ番組や雑誌、ウェブでは、一度取材し、公開されたコンテンツを随時更新していくことは皆無でしたが、私たちは一度ご縁頂いた長寿企業の〝ものがたりページ〟は『生涯かけて、ご一緒に更新していく(ものがたりを遺し続けていく)!』という想いで運営の仕組みを構築しています。 あくまで本プロジェクトの①番組、②フォーラム、③雑誌での参画がご縁のキッカケであり、ご縁を深め、継続的に遺していくのが④ウェブであります。 2年後には各〝ものがたりページ〟を更新できる、アンバサダーを全国に創出していく計画でありますが、こちらの詳細は善きタイミングでお伝えてして参ります。 ■日本が誇る世界遺産を発掘し続ける志命 以上が現在運営する4つのメディアですが、まだまだ立ち上げ間もなく、ご縁を頂いた皆様にもご迷惑をおかけすることも、失敗することも必ず出てきますが、そんなときこそ、『日本が誇る世界遺産(長寿企業の知恵、千社万様のものがたり)を発掘し、次の世代・時代へと遺していく」というミッションに立ち返り、ブレずに真っ直ぐに貫きます。 また、これまで誰も手掛けたことがない、まさに道なき道だからこそ日々不安もつきまといますが、どんな困難も共に歩むメンバーや志に共感し支援頂くサポーター、そしてプロジェクトへ参画頂く長寿企業、更に様々な形で支えて頂く皆様とご一緒し、一歩ずつ積上げていけることが、私にとって本当に幸せなことです。 [...]

燈火コラムvol.4―――万代の宝である知恵を遺す 雑誌「一燈照隅」

2017/10/27|燈火コラム|

今回は本プロジェクトで企画・運営する「4つのメディア※」のうち、雑誌「一燈照隅」についてご紹介します。 (※4つのメディアとは①番組、②フォーラム、③雑誌、④ウェブ)  ■なぜ番組だけでなく雑誌を発行するのか 雑誌の創刊にあたっては、三つの理由がありました。 一つ目は長寿企業の皆様において、番組やフォーラムを通して〝ものがたり〟を遺すことには指定日へのスケジュール調整が難しくご遠慮される方々が多いこと。 二つ目は紙媒体のように話した内容を事後チェックし、写真においても取捨選択できるものであれば取材了承頂く方々が多いこと。 三つ目は、番組やフォーラムのように映像をみる時間やデバイス(インターネットやスマートフォン)を得られない方々が多いこと。 だからこそ、手元でアナログで見れるものが知恵を伝える上では大事であることに気づき、『一燈照隅でしか取り上げられない企画を!』という想いでスタートしました。 ■唯一無二の記事・企画を その中で、他のどのビジネス誌にも掲載されていない、親子対談(会長&社長)を始め、八王子市の市政100周年やお祭りのように、ここでしか見られない〝ものがたり〟を遺すことにチャレンジしています。 [...]

燈火コラムvol.3―――地域の知恵を未来へつなぐメディア フォーラム「地方創生経営者フォーラム~伝燈と志命~」

2017/10/27|燈火コラム|

今回は本プロジェクトで企画・運営する「4つのメディア※」のうち、フィーラム「地方創生経営者フォーラム~伝燈と志命~」についてご紹介します。 (※4つのメディアとは①番組、②フォーラム、③雑誌、④ウェブ) ■よそ者ではなく、自分事に  番組を通して、それぞれの長寿企業が持つ〝唯一無二のものがたり〟には、信用や知恵があり、それを伝えていく使命を感じていましたが、番組を全国的に展開するには従来メディアのように大型スポンサーをつけ、そのスポンサーのために取り組まねばなりません。 またスポンサー意向により、本来の目的が損なわれる可能性も多分にあります。そこで、地域にある長寿企業の〝ものがたり〟を発掘し、その中に秘める知恵を遺し、伝えていく上で、番組のように1社ずつフォーカスするのではなく、地域の長寿企業同士のパネルディスカッションを通し、参加される次の時代・世代を築く経営者の皆様に届けることにしました。 私自身も石川県金沢市出身であり、田舎者だからこそ理解できることですが、地域で東京から持ち込まれたイベントが開催されても、〝よそ者〟という認識を拭い去ることができません。 よそ者から身内(仲間内)へと変わるためには、地域の方々に参画して頂き、主体として継続的に開催していく中で〝自分事〟となり、根付いていくことが必要不可欠です。 実際に本年7月には第1回として広島で開催致しましたが、広島銀行の皆様のお力添え無くしての実現は難しかったと実感しています。 これまで、明らかにされることのなかった長寿企業の知恵を、地域の皆様と〝共に〟発掘し、その知恵が地域の価値向上へと繋がる〝土台〟を築き、地域活性化・地方創生に貢献していく。 このフォーラムの使命に共感頂き、更に一歩踏み出し(長寿企業のご紹介や後援企業のご縁を頂く等)、フォーラム推進における同志、仲間を得られたことが何より心強かったです。 [...]

燈火コラムvol.2―――出会いのメディア 番組「Story~長寿企業の知恵~」

2017/10/27|燈火コラム|

前回のコラムでは「智慧の燈火プロジェクト」との出会いと想い、そして目標とする天武天皇、30カ年ビジョン「チエノワを世界標準語へ」について触れました。 本年(2017年)よりスタートした本プロジェクトを通して300社とお会いし、60社の〝ものがたり創造〟を進めてきましたが、今回は本プロジェクトで企画・運営する「4つのメディア※」のうち、番組「Story~長寿企業の知恵~」についてご紹介します。 (※4つのメディアとは①番組、②フォーラム、③雑誌、④ウェブ) ■メディア(番組)の持つ価値とは チエノワはテレビ番組、主にビジネス経済番組の制作・運営が主事業であり、本プロジェクトの発起となる長寿企業との出会いも番組を通してでした。 従来のテレビ番組は、番組スポンサーにとってより良い価値(視聴率)を提供することが最大の目的であり、そのために、いかに視聴者を惹きつけるか、という点に重きを置いたコンテンツでした。 しかし、『それがメディアとして本来の役割なのか、何のため、誰のためのコンテンツなのかをより明確にし、そこからブレずに取り組み続けることこそが大切である』と私は感じました。 私たちが運営する「Story〜長寿企業の知恵〜」ではスポンサーや視聴者のためではなく、まず第一に〝長寿企業にとってより良い価値を提供すること〟を目的に制作しています。 そして、これまで明かされることのなかった、長寿企業の歴史(創業者や先代の想い、決断や苦悩等)を通していかに今を生き、未来を見据えているのかという〝唯一無二のものがたり〟を遺すことに、全力を注いでいます。 ■長寿企業のみなさまとともに [...]

燈火コラムvol.1―――智慧の燈火プロジェクト「誕生のものがたり」

2017/10/27|燈火コラム|

■長寿企業との出会い 私はこれまで、主に東京メトロポリタンテレビジョンや千葉テレビ、BS12 トゥエルビ等、 ビジネス経済番組を制作・運営し、1,000社を超える企業経営者の皆様に出演を頂いてきました。 その多くは新進気鋭のベンチャー企業の皆様でしたが、 一昨年に何代にも渡り暖簾を繋いできた長寿企業の方々との出会いによって、私の想いや考え方というものが一変しました。 これまでメディアの使命というのは、 「イノベーションを起こした企業や業界を牽引するトップ企業、世界に羽ばたく企業を取り上げていくこと」だと、常識のように考えていましたが「長寿企業それぞれの〝ものがたり〟に秘められた、哲学・文化・歴史観は21世紀・22世紀を乗り越えていく知恵となる!」と感じ、それこそが僕自身の使命だと確信しました。 ■長寿企業の半数は日本に存在する 日本は、世界に誇ることのできる世界一を数多く抱えています。 [...]

1883年創業 東京メガネ

2017/10/27|燈火メッセージ|

長寿企業にスポットを当てて頂き、ありがとうございました。 老舗という言葉はよく使いますが、その価値について考えることは少なく、 再確認することができました。 他社様のことも学ばせていただき、これからも精進いたします。

1850年創業 日本橋弁松総本店

2017/10/27|燈火メッセージ|

あんまり老舗をリスペクトすると暖簾に胡坐をかくどころか、 寝そべってしまう恐れがあります。 みなさんにはぜひ老舗をディスる企画もお願いしたいです。 無知な女子高生か何かと対談して「古くせー」とか「不味い」とか 「調子に乗ってんな」とか直球なご意見が我々には必要な気がします。