2017.4.7(金)〜2017.4.8(土)
第1回チエノワ祭を開催!

チエノワの設立記念日(4/8)に合わせて、第1回となるチエノワ祭を開催いたしました。 目的は「当たり前が当たり前ではないこと、つまり今の仕事と私事ができる日常に感謝し、その感謝を伝えること。」 設立記念日である4月8日に毎年開催することに、今年から決定。 そこで、2017年度は「非日常体験×一人ひとりが物語る=記憶に残る会+新入社員3人の歓迎祝い」をテーマに、 軽井沢のロッジを貸し切り、一泊二日のキャンプをしました。 来年はどこにいくのか、毎年実行委員会を組織し、そのメンバーが決めていきます! 終了後には必ず各チームでの新聞作成がルールになっています。 オフィスにお越しの際には2017年度の新聞をご覧ください!

2018-01-31T11:25:16+00:00 2017/04/10|ニュース|

2017.3.31(金)
長寿企業の知恵は万代の宝
雑誌「一燈照隅」vol.1 創刊

天台宗の開祖として知られる僧・最澄は「一燈照隅万燈照国(いっとうしょうぐうばんとうしょうこく)」という言葉を、昭和歴代首相の指南役を務めた安岡正篤は「一燈照隅萬燈遍照(いっとうしょうぐうばんとうへんしょう)」と遺しました。最澄は、一隅を照らす人が増えていき、万のあかりとなれば、国全体を照らすことが出来る。正篤はあれこれ論じるよりも、まず自分がいる場所を明るく照らせる人間に、という意味を込めたと言われています。この雑誌が一隅を照らすことができるように。手に取っていただいた方の燈火となるように。そして、遺されていく長寿企業の知恵が100年先、1000年先に必要とされるものとなるよう、想いを込めて発行し続けていきます。 燈火サイト 雑誌「一燈照隅」へ

2018-03-20T19:46:53+00:00 2017/03/31|ニュース|

2017.1.1(日)
智慧の燈火プロジェクト 番組
「Story〜長寿企業の知恵〜」放送開始

これまで明かされることのなかった、長寿企業の歴史(創業者や先代の想い、決断や苦悩等)を通していかに今を生き、未来を見据えているのかという”唯一無二のものがたり”を遺す番組がスタートしました。 番組は燈火サイト(以下、リンク)よりご覧くださいませ。 燈火サイト 番組「Story~長寿企業の知恵~」

2018-01-31T11:29:46+00:00 2017/01/01|ニュース|