【フェーズ①】ものがたり創造カンパニーの誕生(2013年〜)

株式会社チエノワは2013年4月8日に設立しました。

チエノワという会社名は、おもちゃ「知恵の輪」が必ず一つの解がある通り、事業の成功にも失敗にも必ず一つの解があり、その解、つまり知恵を発掘し、その知恵を輪のように他の企業へと伝えていきたい!という想いで「チエノワ」という社名を付けました。

創業時よりお客様にとっての価値、「ファン(顧客)の創造」による売上向上を目的に事業を推進し、以下の3つの柱を築いて参りました。

1) 映像・テレビ番組の制作事業
2) PR戦略立案・実行の広報PR事業
3) テレビCM・ネット広告等の広告代理店事業

お客様の対象を全ての企業ではなく、ベンチャー企業に特化することで、 経営者の想いは「限られた予算の中で、第一に売上をあげ、併せてテレビにも出たい!」というものが圧倒的に多く、要素を分解すると

1) 社長がテレビに出る
2) サービスや店舗がニュースに取り上げられる
3) タレントに使用してもらう

上記3点に集約され、このニーズとウォンツを解決すべく、事業を構築してきました。

テレビ番組に広告や広報によって出演する従来の仕組みではなく、テレビ番組の放送枠を取得し、その放送枠に独自でビジネス経済番組を構築することで、タレントやテレビ局の付加価値を活かし、同時にタレント肖像権の二次利用・映像の三次利用による、ファン(顧客)創造の仕組みを構築し、 設立4年間で累計1,000社を超えるベンチャー企業の皆様に活用頂きました。

【フェーズ②】長寿企業の出会い〜仕事から志事への決断〜(2015年〜)

しかし、2015年、出演企業が700社を超えた際に、お客様の商品・サービスの発展を調べてみると、80%の商品・サービスが継続されていませんでした。事業継続の難しさを痛感すると共に、『100年以上も事業を続けられている長寿企業は、如何にして事業を継続発展させているのか?』という想いが湧き上がりました。何度も何度も断られたものの、ご縁を頂戴し、何代にも渡り暖簾を繋いできた長寿企業の方々と出会うことができ、そのご縁によって、仕事への想いや考え方というものが一変しました。

これまでメディアの使命というのは、「イノベーションを起こした企業や業界を牽引するトップ企業、世界に羽ばたく企業を取り上げていくこと」だと考えていましたが、『長寿企業それぞれの〝ものがたり〞に秘められた、哲学・文化・歴史観は21世紀・22世紀を乗り越えていく知恵となる!』と感じました。そこで、弊社自身、まだまだ1社で長寿企業が持つ”ものがたり”を遺すメディアを築き上げるだけのリソース(ヒト・モノ・カネ・情報・ネットワーク)が整っておらず、既存のテレビ事業から派生するカタチ(トライアル版)で事業展開を進めていきました。

その中で、
『日本が誇る世界遺産(長寿企業の知恵、千社万様のものがたり)を発掘し、次の世代・時代へと遺していく』
というミッションを確立することで、事業を進めるには同じ志を持つ同志の方々と共に歩まなければならないことを学び、更には既存事業からの派生ではなく、ミッションを実現するための新たな組織が必要不可欠であると感じ、新プロジェクトの船出が2017年3月に決まりました。

まさにこれこそが、お客様に仕える事で事業を続けてきた仕事フェーズから(創業からの4年間)、志を胸にお客様と共に事を為す志事フェーズへの決断でした。

【フェーズ③】「智慧の燈火プロジェクト」始動〜世界遺産の発掘〜(2017年〜)

2017年3月の船出にあたり、
『日本が誇る世界遺産(長寿企業の知恵、千社万様のものがたり)を発掘し、次の世代・時代へと遺していく』
というミッションを見つめていると、長寿企業はだれよりも長く・太く・強く”ものがたり”を築かれてきた企業であり、その知恵を輪のようにひろげていくことはものがたり創造カンパニーそのものであり、更には知恵を輪のように広げたいという社名の由来にも一致し、これこそがチエノワの”志命”だと確信しました。

船出の準備中に、チエノワが為すべき志命と志事を見出してくれ、満を持してスタートしたのが「智慧の燈火プロジェクト」です。

一つひとつのご縁を大切にし、番組、フォーラム、雑誌、ウェブと様々なメディアと仕組みを通じて、「長寿企業の知恵」を次なる世代・時代へ遺していく架け橋(土台)を築いていきます。

【フェーズ④】今後のビジョン〜チエノワを世界標準語へ〜(30カ年計画〜2042年)

チエノワでは下記の計画を基に、3ヶ月毎に丸一日をかけて、会社のミッション・ビジョンを振返り、今やるべきことを見直す機会を築いています。

  • 長期計画(チエノワ30カ年計画)
  • 中期計画(チエノワ6カ年計画)

『今から5年後。2022年12月のとある一日。
2023年に100年を迎える企業:2,000社からひっきりなしに連絡が届き、新年の打合がほぼ埋まる。

・全てのコンテンツが多言語対応
・全国に広がるアンバサダー
・毎週全国各地で開催されるフォーラムと発展している。』

今から5年後には上記となるべく、一人ひとりの”進化”と支えて頂く皆様との”深化”を導きます。

そのためには、ITベンチャー企業のような急成長は目指しておらず、成長速度は遅くとも成長密度を濃くし、今は目に見える花(成果や実績)ではなく、花を咲かせるための根(人財)を強く・太くし、土(信用・信頼)を育てる覚悟で、磐石の礎を築いて参ります。

【フェーズ⑤】200年後の未来〜志を共にする仲間が築く、無くてはならない存在へ〜(2222年)

『今から200年後の2222年のとある日。チエノワという日本の小さな小さな会社が初めた“長寿企業の知恵を遺すプロジェクト”。今なお、世界中でアンバサダーが活躍する。連綿とプロジェクトが続き、知恵という“ものがたり“を繋ぐ燈火(アンバサダー)が各地で生まれている。

それぞれのフェーズで自分自身にとっての価値となる知恵を引き出し、また、その知恵から生まれた智恵を与えていく循環も生まれている。

「世のため人のために役立つ事業」これを中小企業が築いていくための礎、土台となっている。』

自分自身が生まれた日本。
その日本が世界に誇る知恵を発掘し続ける仕組みをつくることで、日本、そして世界のために、自分自身の人生をかけられること。

“時を超える事業“

へと「智慧の燈火プロジェクト」は発展を続け、その裏に本プロジェクトにワクワクする、“同志”達が世代も時代も超え遺し続けてくれることを願っています。

そのためにも、正しく真っ直ぐにミッション(大義)に基いて一つひとつの仕組みを築き、メンバー・サポーター・エバンジェリスト・ファン・アンバサダーと多くの方々の支えを基に壱千年先へと続く土台を築いて参ります。

株式会社チエノワ 代表取締役