2019.2.18(月)
「第4回 地方創生経営者フォーラム・千葉 伝燈と志命」開催

<キーコンセプト>
「事業承継のいま~受け継いだ人、今受け継がせている人、これから受け継ぐ人~」
1)のれんは守るものではなく、磨き育てるもの
2)地域最大の課題「人材採用&人財育成」
3)これからの100年
上記をコンセプトに、暖簾・人材・未来の3点を軸にて、三者三様の知恵を教えていただきました。
<登壇者>
丸金印刷株式会社 創業1914年(千葉・千葉市)
5代目 代表取締役社長 川合 榮子氏
米屋株式会社 創業1899年(千葉・成田市)
5代目 代表取締役社長 諸岡 良和氏
山本海苔店 創業1849年(東京・日本橋)
専務取締役 山本 貴大氏
ご登壇くださいました
丸金印刷・川合社長、米屋・諸岡社長、山本海苔店・山本専務、
本当にほんとうにありがとうございました。
参加者アンケートでは
・長寿企業の経営者(次の経営者、後継者)の生の声を聞くことができて、また、考え方を具体的に聞くことができて非常によかった。
・心に響き、生の声が伺えたのは大変有意義で、あっという間の2時間。理念の大切さ、変化していくことの難しさ、事業継承は企業最大のイベント、各社ごとのドラマがあること等々、色々と考えさせられました。
・事業継承と先代との考え方の相違、やはり難しい問題。企業存続・継続する為の後継者選伝、そして一族か社員より選ぶのかなど。
・長寿企業を継ぐ又は、継いだ方も自分と同じであり特別な能力を持っている必要はない。「あたりまえ」を「あたりまえにやる」を実行したい。
・理念の重要性(ゆるがない理念&明文化されていなくてもOK)、生き残る事への変化の重要性・スピード感・信頼度・お客様に価値のある企業他、たくさんのキーワードが気づき、学びになりました。
・「伝統は守るものではなく、変えるもの」に感銘を受け、長寿企業においても人財育成に苦境している状況が身近に感じた。
・事業継承経験者と継承予定者の生の声を聞くことができた、他には体験したことのない素晴らしい機会。
等々、登壇のお三方がそれぞれの知恵、
実体験から学ばれた生きた叡智を披露しくださったことで
非常に大きな学びや気づきを得てくださったと、運営メンバー一同、確信しております。
更に、
今回は過去最多の11企業さまに後援を賜り、
お力添えくださった皆さまへ、改めて感謝申し上げます。
<後援企業の一覧(順不同)>
自治体:千葉県
銀行:千葉銀行、千葉興業銀行、京葉銀行、
経済団体:(一社)千葉県商工会議所連合会、千葉県商工会連合会、千葉県経済同友会、(一社)千葉県経営者協会、(一社)千葉県経済協議会
メディア:千葉日報社、千葉テレビ放送
2019-11-11T12:43:30+00:00 2019/02/28|ニュース|