株式会社チエノワ

チエノワ・プラットフォーム事業

ものがたりを
共に創る

世のため、人のため、未来のために、
志に共感する仲間と共に、唯一無二の価値を創造できる仕組みをつくるべく、
市場分析から戦略立案、コンテンツ、イベント、サイト等々にチャレンジしています。

様々なご縁をいただく中、チエノワが新たな事業、新たなプロジェクトを推進していく上での判断軸がこちらです。
①本質的な価値があるかどうか(誰でもできることやお金のためだけのことはやらない、自分たちにしかできない唯一無二の価値があるか)
②未来へと繋がるかどうか(目先ではなく、50年100年先に繋がるか)
③情熱持って取組む同志がいるかどうか(三本主義の仲間を集められるかどうか)
※これがなければ、問題や困難を乗り越えていくことは不可能であるため、明文化しています。

智慧の燈火プロジェクト

創業100年を超える長寿企業、その物語に秘められた唯一無二の知恵を次の世代・時代へと遺していくために、
「智慧の燈火(ちえのともしび)プロジェクト 」を立上げ、映像・イベント・雑誌や独自コミュニティを通じて発信。
自治体・経済団体・金融機関・メディア等と連携し、地域の課題解決とイノベーションの創造に取り組む中、
2017年発足から3年で850社4,000名とのご縁を賜り、2020年4月には一般社団法人を設立。
日本全国から世界へ知恵の和とご縁の輪を繋げ、世界唯一のイノベーション・プラットフォームを構築中。
https://chienotomoshibi.jp/

渋沢栄一ひとづくりカレッジ・プロジェクト

論語と算盤を体現し、世のため人のために尽力する企業の真髄を学び、活かす場をつくる。
2020年発足し、深谷市と東京海上日動火災保険と『渋沢栄一 翁の顕彰に関する包括連携協定』を結び、
2021年11月にはキックオフイベント、2022年4月からカレッジがスタートします。

大使館ともだちプロジェクト(大使館コミュニティ)

日本にある外国が大使館であり、彼らの魅力と思いを繋ぎ、日本と世界の架け橋をつくる。
2021年発足し、世界各国の駐日大使館をまとめる「大使館コミュニティ」を構築。
コロナ禍で世界との行き来が途切れた今だからこそ、世界と交流できる複合・双方向プラットフォームを目指します。