株式会社チエノワ

10.25(火)岡山燈火会発足式ならびに地方創生経営者フォーラム岡山2022開催報告&御礼

ものがたりを
共に創る

2020年9月、岡山県において発展・貢献されている長寿企業の知恵を、地域の未来を担う企業と共に学び活かすため、長寿企業経営者によるパネルディスカッションを開催し、300名を超える方々に参加いただきました。
地域発展(SDGs未来都市)・課題解決(事業承継)・価値創造(イノベーション)へと繋がる継続的な仕組みとして10/25(火)、「岡山燈火会(おかやまともしびかい)」を発足し、合計223名(リアル123名※満席御礼、オンライン100名)を超える参加を賜り、盛会のうちに終了することができました。心より感謝申し上げます。

第一部「岡山燈火会発足式」では共催ならびに後援企業の皆さまより多くのご来賓を賜り、共催代表として、東京海上日動火災保険株式会社 常務執行役員 辻昌裕さま、来賓代表として、岡山県知事 伊原木隆太さまにご挨拶を頂戴しました。また、「岡山燈火会」の発足に向けて岡山燈火会代表世話人 岡山県商工会議所連合会 会長 松田久さまよりご挨拶をいただき、また、智慧の燈火プロジェクト 代表理事 田中雅也より全体概要を説明いたしました。
また岡山燈火会の定例行事として、百周年企業の表彰式を開催。本年では17社が百周年を迎え、代表として、カーツ株式会社様、⻄尾総合印刷株式会社様に表彰状を授与いたしました。カーツ株式会社 勝矢社長さま、西尾総合印刷 西尾社長さまには素敵なビデオメッセージも頂戴し、感謝の気持ちで一杯です!

東京海上日動火災保険株式会社 常務執行役員 辻昌裕様
岡山県知事 伊原木隆太様
表彰状授与:カーツ株式会社様
表彰状授与:⻄尾総合印刷株式会社様

第二部「地方創生経営者フォーラム岡山2022」では「長寿企業 経営者の葛藤と知恵」をテーマに長寿企業のトップ陣が様々な困難や危機にどのように向き合い、理念を再確認しながら覚悟を定めて決断し、イノベーションを興してきたのか、について、「①ターニングポイント、②人財と地域、③未来へ」という3つの切り口で伺い、”実体験にもとづく本音と本質”という経営者が最も聞きたくても中々聞くことができない、実践知を沢山学ぶことができました。

<パネルディスカッション「長寿企業経営者としての葛藤と知恵」>
オルバヘルスケアホールディングス 代表取締役社長 前島 洋平氏※創業1921年 
医師から経営者へ全く異なる環境に飛び込む中で、冷静かつ正確に現状把握し、大胆な挑戦(グループ8社従業員1,600名の一体化&医工連携)とともに謙虚に学び続けることの両軸を推進。倫理観や信用、信念は変えずに人財育成に尽力(4コマ漫画&未来プロジェクト等)。事業承継時はいきなりすべてを変えるのではなく、よく周りの方々の声を聴くことが大事(変えなくて良いものは変えなくて良い)

服部興業株式会社 代表取締役社長 服部 俊也氏※創業1818年  
事業承継直後の事業縮小&撤退という危機を通して社員との一体感(変革への挑戦&成功体験の共有)を築き、先代との葛藤を通して企業を背負う当主としての覚悟(繁栄も衰退も当主が判断して死に物狂いでやるしかない)を学ぶ。Jリーグ「ファジアーノ岡山」を通して地域貢献や自分なりのSDGs等、家訓「田畑塩田を開墾して鉱石炭鉱等営業すべからず」の如く、”社会の課題解決”という軸をブラすことなく未来へ繋ぐ

菊池酒造 株式会社 専務取締役 菊池 大輔氏※創業1878年 
先代の歩みをリスペクトしながら不得意な部分に尽力(営業&販路開拓の仕組みづくり)、まさにモーツアルト(父:菊池社長)とロボット工学(子 :菊池専務)が織りなすハーモニー。その上で、社会環境に合わせて変革に挑戦(海外展開やオンライン販売、また既存技術を生かした新商品開発:ノンアルコールの甘酒)。米づくりという日本文化とともに地域の誇りとなる日本酒を目指し、更なる挑戦を続けていく

参加者アンケートでも、様々な嬉しい言葉を頂き、有難い限りです!
<参加者アンケート(抜粋)>
・事業承継前後での悩みや葛藤、挑戦の具体的な事例を伺い、地域を代表する経営者の方々を迎えて実体験の話(本音&本質)を聞ける機会は無く、また映像やスライド、時には笑いもあり学ぶことが盛り沢山でした!

・様々な事業承継の方法と、経営理念の大切さ改めて学ぶことができました。理念の共有&実践を通して、その裏に秘めた想いや本質を次世代へ伝えていくことを心掛けたい!

・事業承継の秘訣は、傾聴力(聞く耳)とスモールチェンジ(一気に変えない)。周りの声を聞いた上で、企業理念と社会環境に応じてどのような行動を起こすのか、その決断こそが経営者の手腕だと実感

・長く続く会社にこそ様々な危機を乗り越えてきたドラマがあり、経営者としての希望や熱意、一言の深さと重みをそれぞれの体験談(言霊)から得られたとともに、人間性を磨く重要性(学びとご縁)を実感!

・岡山には素晴らしい企業と経営者が沢山いることを誇らしく感じた!
「その時代の当主が死物狂いになることの大切さ」を胸に刻み、自分の役割を自覚し腐らず投げ出さず、今に感謝して日々ベストを尽くす

・岡山には多くの長寿企業があることを初めて知った。その伝統やノウハウを大事にできるよう尽力し、今回のご縁を通してこれからも岡山燈火会で学びと実践を続けていきたい!

<総括&挨拶>
岡山燈火会(ともしびかい)発足式の激励、並びに特別登壇として、岡山ともゆかりの深い徳川家を代表し水戸徳川家15代当主 東京海上日動火災保険株式会社 常勤顧問 徳川斉正氏に講演を賜り、閉会挨拶として、運営を代表し東京海上日動火災保険 岡山支店 田辺支店長より申し上げ、閉幕いたしました。

水戸徳川家15代当主
東京海上日動火災保険株式会社
常勤顧問 徳川斉正氏
東京海上日動火災保険株式会社
岡山支店 田辺支店長